就活生が負けないために

就活生が負けないために。3月は色々なところで会社説明会が開始しているタイミングとなるので、いわゆる就職活動の本番ともいえる時期となります。毎年就活の実情は厳しくなってきているので、就活に挑んでいる就活生は奮闘するうちに、すっかりメンタルをやられてしまう人が増えています。ちなみに2010年の就活を経験している人の中で、7人に1人はうつになっているといわれています。これを就活うつといいます。

就活生がうつにならないために

就活生は思っている以上に、就活活動というのは過酷で危険なものであります。それは肉体的に過酷というものではなく、精神的な意味で過酷なものなのです。精神的な疲労が極度に溜まれば、どんな強い精神を有している人でも、すっかり心をやられてしまうのです。そうならいためには就活に挑戦する上で、色々な心構えというものが必要となってきます。

具体的な対策

まずは十分な休息する期間を設けること。就活は肉体的な疲労とは裏腹に、すさまじい勢いで精神疲労が蓄積していきます。ここで休息を設けておかねばメンタルがやられるのは当然のことです。次にあまりにも過剰なスケジュールを避けるのも重要です。就活を甘く見ている人の仲には、よくばっていくつも面接を大量に受けようとしてしまう人がいます。こうなると面接のたびにパフォーマンスが低下するだけでなく、すさまじい勢いで精神的な疲労が蓄積していくようになります。自分の似た区的な体力と同様で、自分のメンタルの限界というものをしっておかねばならないのです。これらを心がけておくことで、就活にやられず、最後までしっかりと就活生を全うすることができます。