カフェインにはイライラさせる働きがある

カフェインにはイライラさせる働きがある。コーヒーが大好きな方もいれば紅茶が好きな方もいますよね。コーヒーや紅茶を飲むと何だか脳がスッキリしたようなきぶんになります。これはコーヒーや紅茶にカフェインが含まれ散るからです。カフェインには人の脳神経に作用し、気分をスッキリさせる働きがあるのです。でもこういったカフェイン含有飲料には人をイライラさせる働きもあることを知っておかねばなりません。

交感神経が活性化する

コーヒーや紅茶といったカフェイン含有飲料、及びカフェイン自体に、脳の中枢へ訴えかけ、神経の緊張をつかさどる交感神経を活性化させる働きがあります。これはアドレナリンやノルアドレナリンといった、神経の高ぶりをつかさどっている神経伝達物質の働きが活性化するのと同じなので、人は必然とイライラした気分にさいなまれてしまうというわけです。このイライラした症状を抑えるのは副交感神経です。

カフェインを減らそう

カフェイン含有飲料、つまりコーヒーや紅茶といった飲料を多くのんでいるほど、イライラに悩まされる傾向にあります。もしあなたがどうもイライラして困っている、コーヒーや紅茶をたくさんのんでいるというのであれば、まずコーヒーや紅茶といったカフェイン含有飲料の摂取量を減らしましょう。コーヒーを一日3杯飲んでいるのなら2杯に減らす、もしくはカフェインがあまりふくまれていない、もしくはカフェインが含まれていない飲み物に切り替えるといった手段もあります。カフェインはときに疲れだからだをしゃきっとしてくれる有用なものでもありますが、過剰となるとイライラといった副作用もあるので注意が必要なのです。